販促ツールとして役立つタペストリー

   

お店の販促ツールと言えばノボリやポスターがすぐに思い浮かびますが、タペストリーも効果的に使えば非常に有効です。
タペストリーはノボリやポスターと同じく看板の一種です。看板の役割は大きくふたつあり、来客数を増やすことと売上を伸ばす効果があります。いざお店を始めても、ユーザーが場所を知らなかったり、そもそもお店の存在自体を知らなかったりすると来店は見込めません。タペストリーを利用することにより、そういったユーザーに認知してもらう効果が期待できます。また、来店したユーザーに対しても、たとえば店内の壁面にタペストリーを設置することで、おすすめの商品をアピールしたり、あと一品の追加注文を狙ったりと単価アップの役割を果たすことができます。お店の認知度アップや売上増を目指すためにタペストリーを有効に活用してはいかがでしょうか。

タペストリーを販促ツールに利用するメリットとは

販促ツールとしてタペストリーを使うことによるメリットは大きくふたつあります。まずは視認性の高さです。お店の入り口に大きめのものを掲げておくだけで、運転中のドライバーやお店の前を歩いている歩行者の目にとまります。設置期間が長くなるほど何度も繰り返し目に触れるため反復訴求効果も期待できます。もちろん、店内に掲示する場合でも、サイズやデザインを工夫して目立たせれば訴求効果が高まります。
もうひとつはリーズナブルなところです。もちろん作成時にコストはかかりますが、テレビやチラシ広告などに比べると安価なため懐に優しいと言えます。一度作成すると長く使えるのも魅力的なポイントです。地域性なども勘案すればさらに効果的に宣伝活動を行うことができるでしょう。

効果的な飾り方を考える

より高い販促効果を求めるためには、タペストリーをどのように飾るかも検討の必要があります。壁面につるすのが一般的ですが、店内で使うなら天井からつり下げるのも良いです。お店の業態にもよりますが、たとえばアニメのイラストを印刷するなどターゲット層を狙い撃つデザインだとより効果は高まるでしょう。
もしお店の入り口がガラス窓なら、ぜひ入り口に飾りたいところです。正面ガラス窓に飾ることで、商品のアピール以外にも、商品棚の裏の目隠しになったり、スタッフにとっての日除けになるといった効果も期待できます。生地の素材によっては両面印刷が可能なものもあり、お店の外からと中からで異なる内容を打ち出すこともできます。

ピックアップ記事

タペストリー選びは耐久性も考慮しよう

タペストリーを選ぶ際には、デザインはもちろんのことながら生地も注意して選ぶようにしましょう。屋外、屋内いずれの使用下においても劣化は避けられないため、生地の耐久性を考慮しておく必要があります。生地に使...

タペストリーの生地にはさまざまな種類がある

お店の販促ツールとして壁面からつるしたり、展示会などでブースに掲示したり、タペストリーは看板として宣伝に効果を発揮するほか、自宅でもインテリアとして重宝する優れものです。そんなタペストリーを最大限有効...

オリジナルタペストリーを作るには

タペストリーを作成するためには、自作するか専門業者に依頼する必要があります。自作する場合は、通販サイトなどで作成キットが売られていますので、それを購入して自宅で作ることが可能です。部屋に飾るような目的...

販促ツールとして役立つタペストリー

お店の販促ツールと言えばノボリやポスターがすぐに思い浮かびますが、タペストリーも効果的に使えば非常に有効です。タペストリーはノボリやポスターと同じく看板の一種です。看板の役割は大きくふたつあり、来客数...


魅力