オリジナルタペストリーを作るには

   

タペストリーを作成するためには、自作するか専門業者に依頼する必要があります。自作する場合は、通販サイトなどで作成キットが売られていますので、それを購入して自宅で作ることが可能です。部屋に飾るような目的であれば、多少失敗したとしても問題はないでしょう。
しかし、お店などに掲示する商用目的であれば、専門業者に依頼することをおすすめします。この場合におけるタペストリーは重要な集客ツールですから、デザインや印刷の仕上がりなど中途半端な出来では効果は期待できません。タペストリーでユーザーに訴求するという目的を考えると、やはり専門業者でサポートを受けて作成したほうがいいでしょう。

サイズと生地の組み合わせでオリジナリティを

タペストリーには幅広いサイズがあります。業者にもよりますが、サイトの注文画面に縦横の長さ入力フォームが準備されているなど、自由に指定できるケースが多いです。つまり、サイズに基本はないと言えますが、目安は知っておくと便利です。お店の商品やメニュー紹介など販促用の場合、B2以上の大型サイズが使われるケースが多く、個人が自宅に飾るなどのインテリア用だとA2サイズが一般的なようです。
タペストリーに使われる生地選びも大切です。屋外での使用に向いていたりリーズナブルに作れたりと生地ごとに特徴があります。判断に迷ったら、購入時に用途や予算などを業者に相談するのもおすすめです。それぞれの特徴を理解した上で、お好みのサイズと組み合わせて選ぶようにしましょう。

デザインはデータ入稿がおすすめ

肝心のデザインについては、自分で作成したデザインデータを入稿することをおすすめします。業者によっては、別途データ作成料を支払うことでデザインまでできるケースもありますが、やはりオリジナリティを出したいならデザインは準備しましょう。自分でデザインのソフトを使えないようなら、別途料金はかかりますが、デザイン会社や広告代理店などに依頼して作ってもらうことも可能です。
デザインデータ作成前には、対応ソフトやファイル形式など、業者の指定を十分に確認しておきます。もし入稿後に不備があると修正料金の発生や納期の遅れなどにつながりかねません。入稿後に完成イメージが送られてくるためしっかりと確認しておきましょう。不明点があればその都度確認することが大切です。チェックを入念に行い、納得のいくもいのを作成しましょう。

ピックアップ記事

タペストリー選びは耐久性も考慮しよう

タペストリーを選ぶ際には、デザインはもちろんのことながら生地も注意して選ぶようにしましょう。屋外、屋内いずれの使用下においても劣化は避けられないため、生地の耐久性を考慮しておく必要があります。生地に使...

タペストリーの生地にはさまざまな種類がある

お店の販促ツールとして壁面からつるしたり、展示会などでブースに掲示したり、タペストリーは看板として宣伝に効果を発揮するほか、自宅でもインテリアとして重宝する優れものです。そんなタペストリーを最大限有効...

オリジナルタペストリーを作るには

タペストリーを作成するためには、自作するか専門業者に依頼する必要があります。自作する場合は、通販サイトなどで作成キットが売られていますので、それを購入して自宅で作ることが可能です。部屋に飾るような目的...

販促ツールとして役立つタペストリー

お店の販促ツールと言えばノボリやポスターがすぐに思い浮かびますが、タペストリーも効果的に使えば非常に有効です。タペストリーはノボリやポスターと同じく看板の一種です。看板の役割は大きくふたつあり、来客数...


ポイント