タペストリーはインテリアや販促物として使われる

   

店の軒先やガラス窓につり下げられて宣伝の役割を果たし、個人でも自宅のインテリアとして買う人も多いのがタペストリーです。よく見る日常光景に溶け込んでおり馴染み深いのではないでしょうか。タペストリーはのれんや垂れ幕などとも呼ばれ、紀元前3世紀から2世紀ごろに古代ギリシャで作られた織物が発祥とも言われているほど古い歴史があります。
もともとは、縦に張った糸に太い横糸をジグザグに通すつづれ織りと呼ばれる技法で作られていましたが、時代が経つに従って化学繊維生地を使用するようになりました。前者は芸術性が高く鑑賞用に最適であり、後者は鑑賞の用途以外に商用にも使えるため汎用性が高いと言えます。

広告としての使い勝手が良くて便利

タペストリーには広告の役割があり、上手に利用すればお店の集客アップや売上増につながります。ポスターにはない魅力として、扱いやすく長持ちすることがあげられます。ポスターは紙ですから雨風に弱く、いたずらで破られたりするおそれもありますが、化学繊維のタペストリーにはそういった心配はありません。仮に丸めたとしてもクセがつかず持ち運びにも便利です。デザインの幅も非常に広く、基本的にはどのような文字や絵柄でもプリントできる点が魅力的です。デザインのみならず、サイズや形も自由に作ることができるため、広告としての使い勝手は抜群に良いと言えるでしょう。
また、写真やロゴを入れてオリジナリティを出すことも可能です。素材も複数の生地から選べるため、そこでも他店との差別化を図ることができます。お店の宣伝に活用してみてはいかがでしょうか。

作成は専門業者に依頼するのがおすすめ

自宅に飾るインテリアとしての用途なら、予算の都合などで自作することになっても構いません。自分で眺めて楽しむ分には、それなりの出来でも特に問題はないでしょう。しかし、商用に使うようなら話は別です。餅は餅屋と言いますように、タペストリーも専門業者に頼むことをおすすめします。
業者選びについては、インターネットで探せばさまざまな専門業者が見つかります。料金はもちろんながら、サービス内容やサポート体制も比較して検討することが大切です。業者によっては、納期が長くなるほど料金が安くなるといった仕組みで提供しているケースもあります。急がない場合は、こういった特典を有効に活用すればお得になります。

ピックアップ記事

タペストリー選びは耐久性も考慮しよう

タペストリーを選ぶ際には、デザインはもちろんのことながら生地も注意して選ぶようにしましょう。屋外、屋内いずれの使用下においても劣化は避けられないため、生地の耐久性を考慮しておく必要があります。生地に使...

タペストリーの生地にはさまざまな種類がある

お店の販促ツールとして壁面からつるしたり、展示会などでブースに掲示したり、タペストリーは看板として宣伝に効果を発揮するほか、自宅でもインテリアとして重宝する優れものです。そんなタペストリーを最大限有効...

オリジナルタペストリーを作るには

タペストリーを作成するためには、自作するか専門業者に依頼する必要があります。自作する場合は、通販サイトなどで作成キットが売られていますので、それを購入して自宅で作ることが可能です。部屋に飾るような目的...

販促ツールとして役立つタペストリー

お店の販促ツールと言えばノボリやポスターがすぐに思い浮かびますが、タペストリーも効果的に使えば非常に有効です。タペストリーはノボリやポスターと同じく看板の一種です。看板の役割は大きくふたつあり、来客数...